ホーム > ヨーロッパ > イギリス

イギリス

イギリスは、ヨーロッパ北西部に位置している島国です。グレートブリテン島とアイルランド島の一部から構成されています。国としては世界屈指の先進国の一つに数えられているほか、首都であるロンドンも屈指の金融センターとして知られています。観光資源も豊かであるため、日本を始め、世界各国から観光客が訪れています。

メインメニュー

一般的には「イギリス」と呼ばれていますが、正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」という国名で、以下の4つの国(カントリー)から構成されています。当サイトではその4つの国ごとに有名な都市をご紹介しています。

以上の4つです。簡単ではありますが、以下に各国の解説をさせて頂きます。

イングランド

イギリスの中心的存在です。グレートブリテン島の南部に位置していて、首都のロンドンはこちらに含まれています。イギリス国内の人口の大きな都市を上から20数えると、イングランドに属している都市は16もあります。交通網も発達していますので、各都市間の移動も不便なく行うことができます。

なお、首都のロンドンについては特設サイトを設けています。こちらのサイトは、ロンドンの観光情報や旅行情報が満載となっていますので、ぜひ参考になさってみて下さい。観光名所だけではなく、ショッピングやホテルの情報も充実しています。
ロンドン

スコットランド

先にご紹介したイングランドに次いで、人口の多いエリアです。イギリスの人口の多い都市トップ10のうち、8つはイングランドの都市ですが、残りの2つはスコットランドの都市です。「グラスゴー」と「エディンバラ」という都市なのですが、どちらも人口が多いだけではなく、観光都市としても高い評価を獲得しています。

ウェールズ

大都市と言うほどの大きな都市はありませんが、緑が豊かで素晴らしい自然景観を楽しむことができるエリアです。カンブリア山脈がウェールズ内を走っているため、山地が多いという点が特徴的で、エリア全体の面積は小さいながらも、3つの国立公園を有しています。ウェールズの首都である「カーディフ」が最も有名です。

北アイルランド

ここまでご紹介してきた3つの国は、それぞれグレートブリテン島にありますが、こちらはアイルランド島の北東部に位置しています。イギリスと日本は同じ島国の先進国として比較されることがありますが、陸上で他国(アイルランド)との国境を接しているという点については、日本と大きく異なる点の一つと言えます。

ヨーロッパの特設サイト

フランスは、東部をイタリアやドイツやベルギーなどと接していて、西部をスペインと接しています。また、海峡を挟んで北にはイギリスもあります。これらの他国のうちのいくつかは、特設サイトを設けて旅行情報を公開しております。

フランス

イギリスと海峡を挟んで南側に位置しているフランスは、イギリスと同様にEUの中心的存在である国の一つです。首都であるパリが世界的に有名で、日本人観光客も数多く訪れていますが、「モン・サン・ミッシェル」や「ヴェルサイユ宮殿」などを始めとした数多くの世界遺産を有しているという点も魅力的です。
詳しくはこちら:フランス

パリ

前述の通り、フランス最大の都市で、かつ首都です。ロンドンと同様に日本人の海外旅行先として大人気となっています。ロンドンとパリの間にはユーロスターという列車が通っていて、飛行機を使うことなく行き来することができるため、両都市に滞在するツアーや、日帰りツアーなども催行されています。
詳しくはこちら:パリ

イタリア

イタリアは、ヨーロッパ観光をするうえで欠かせない国の一つです。首都ローマにある古代ローマ遺跡を始め、様々な都市に世界遺産に選ばれている歴史的建造物があります。中でも特に観光資源が豊かなのは「ローマ」「ミラノ」「ベネチア」「フィレンツェ」の4都市です。これらの4都市は独立した特設サイトも設けています。

5つのサイトをご紹介させて頂きましたが、1番上の「イタリア特設ページ」は当サイトと同じようにイタリア全体の観光情報をまとめているサイトとなります。残りの4サイトは、いずれも各都市の詳細な観光情報を取り上げているサイトです。観光名所だけではなく、おすすめのレストランやホテルなどをご覧頂くことができます。

日本の観光情報ならドコジャパン

イギリス以外のヨーロッパの特設サイト