ホーム > ヨーロッパ > イギリス > イングランド

イングランド

イングランドにある数ある都市の中でも、観光で有名な都市をいくつかピックアップしてご紹介しています。ウェールズやスコットランドや北アイルランドと比べると、日本人によく知られている都市が多く、首都である「ロンドン」や、第2の都市である「バーミンガム」、サッカーで有名な「マンチェスター」などがあります。

ロンドン

ロンドンは、イギリスの首都であると同時に、イングランドの首都でもある大都市です。「ロンドン塔」「キュー王立植物園」「ウェストミンスター宮殿」「マリタイム・グリニッジ」という4つの世界遺産を有しているほか、「大英博物館」や「ナショナル・ギャラリー」などといった文化施設も充実しており、旅行先として非常に高い人気を誇っています。(→ロンドン

バーミンガム

ロンドンに次いで、イギリスで2番目に大きな都市です。市内の人口は100万人ほどですが、周辺地域を含めると200万人を超えます。先にご紹介したロンドンと、後述のリヴァプールの間に位置しています。かつては小さな村程度の規模でしたが、産業革命以降、工業都市としてめざましい発展を遂げたという経緯を持っています。
(→イギリス政府観光庁公式サイト – バーミンガム

リヴァプール

前述のロンドンとバーミンガムに次いで人口が多い、イギリス第3の都市です。市内の人口は40万人ちょっとですが、都市圏で見ると100万人を超えます。アイリッシュ海に面していて、古くから貿易港として知られていました。教育機関や文化施設が多いことも特徴となっています。ちなみにビートルズ誕生の地でもあります。
(→イギリス政府観光庁公式サイト – リヴァプール

リーズ

リーズは、ロンドンから鉄道で2時間30分ほどの場所に位置している都市です。イギリス国内では4番目に大きな都市になっています。リーズ大学とリーズ・メトロポリタン大学という2つの大きな大学があり、学生の人口も多いです。少し郊外に出ると自然が広がり、ヨークシャー・デール国立公園もあります。

シェフィールド

シェフィールドは、イングランド中央北部に位置するイギリス有数の都市です。前述のバーミンガムやリヴァプールのように、工業都市として発展してきました。工業都市として発展しながらも、街中には見応えのある歴史的建造物が集まっているほか、緑も豊かで、自然を満喫することもできます。

ブリストル

ブリストルは、イギリス最大の都市ロンドンから西へ170キロほど離れた場所にある都市です。ウェールズの首都であるカーディフにも近く、70キロほどしか離れていません。「ブリストル大聖堂」や「セント・メアリー・レドクリフ教会」や「産業博物館」などが主な観光スポットとして知られています。
(→イギリス政府観光庁公式サイト – ブリストル

マンチェスター

マンチェスターは、イングランドの中央北部からちょっと西よりに位置している都市です。ひとつ上でご紹介したシェフィールドの近くにあります。見所はいくつかありますが、この都市を世界的に有名にしているのはサッカーです。世界有数のビッグクラブである「マンチェスター・ユナイテッド」と「マンチェスター・シティ」というチームがあります。(→イギリス政府観光庁公式サイト – マンチェスター

日本の観光情報ならドコジャパン

イギリス以外のヨーロッパの特設サイト