4級,5級

英検5級と4級の対策です。レベル的には初歩の初歩なので、旅行会話程度のレベルでも合格できます。だいたい中学生1,2年生くらいの英語レベルです。緊張さえしなければまず合格することができますので、気楽に試験を受けてみましょう。

5級

英検5級の合格率は約8割です。最も簡単な級ですので、旅行会話もちょっとできないという方でも大丈夫です。合格にためには基礎をしっかりと押さえておくことが重要となります。過去問を1度解いて英検の試験の形に慣れておくことも重要です。

文法で言えば現在形・過去形・現在進行形をまずは覚えておきましょう。単語は本当に基本的なものしか出題されません。5級で躓く可能性があるのは人称代名詞です。「I-my-me-mine , you-your-you-yours , he-his-him-his」などをちゃんと覚えてから受験しましょう。

おすすめの参考書

7日間完成 英検5級予想問題ドリル 7日間完成 英検5級予想問題ドリル

その名の通り、5級の試験問題を予想しているドリルです。5級は難易度が極めて低いですので、ドリル等をこなさなくても、市販の英会話教材などでも十分に合格圏内に入れると思います。

4級

英検4級の合格率は約7割です。中学生くらいだと5級を飛ばして4級から勉強を始めるというケースも多いかと思います。ですので、最初の受験が4級という方も多いのではないでしょうか。レベル的には大差はありませんので、5級と同様に基礎をしっかりと覚えておきましょう。試験には中学2年レベルの問題が出題されます。

現在形・過去形・現在進行形の形や動詞の変形などがポイントです。3人称+単数+現在で動詞の後に「s」を付けることだったり、「tell」の過去形は「telled」ではなく「told」であるなど、基本動詞の過去形の形を押さえておきましょう。

他にも、名詞の複数形で語尾に-esを付けるのか-sを付けるのか、あるいは異なる形になるのかなども押さえておくといいかと思います。たとえば「child」の複数形は「childs」ではなく「children」です。

4級も5級同様、過去問を1度解いて英検の試験の形を知っておくようにしましょう。なんだかんだ言って3級くらいまでは過去問で試験に慣れておくことが最良の対策です。特に他の教材を使わなくても、過去問だけでも大丈夫かもしれません。

おすすめの参考書

英検4級DAILY2週間集中ゼミCD付 英検4級DAILY2週間集中ゼミCD付

2週間集中的に勉強をして、4級に合格するための教材です。4級も5級と同様にそれほど難しいというわけではありませんので、こちらの参考書を使わずに、過去問だけ解いていても大丈夫でしょう。

日本の観光情報ならドコジャパン

リスニング対策(前半45分)

リーディング対策(後半75分)

実用英語技能検定(英検)の勉強法