Part2

写真に関する問題が出題されるPart1が終わるとすぐに始まるのがPart2のリスニング問題です。Part2は、質問文が放送されたあと、それに対する応答文が3つ放送されるので、その中から適切なものを選ぶという形式です。全部で30問あります。

基本対策

問題文も回答文も問題用紙に載っていないので、問題用紙は無視してひたすらリスニングに集中しましょう。各問題とも質問文は短いので聞き逃さないように注意が必要です。20問目を過ぎた当たりから質問の難易度が少し上がる傾向にあります。

なお、このパートが始まる前の例文のアナウンスの時間を使ってPart4の問題文と選択肢に軽く目を通しましょう。さっと読む程度でも後々結構違ってきます。

Part2攻略のポイントは質問の文頭に集中することです。Do you~・Would you~で始まれば解答が「YesかNo」であってもおかしくないですが、Why~・What~などで始まるのであれば「YesかNo」の解答はあり得ません。このように考えながら正答率を上げていきましょう。

同様に、Where~で始まれば「場所」に関する解答、When~で始まれば「時」に関する解答が正解であることが多いです。このパートは文頭勝負といっても過言ではないですが、まれにひっかけ問題が出題されることもあるので気をつけましょう。

初級者(TOEICスコア300~450前後)の攻略法

上述の通り、後半に行くにつれて難易度が上がる傾向にあるので、最初の方は特に集中して点数を稼ぎに行きましょう。後半の問題は難易度の高い単語やひっかけ問題なども出題されますが、ひたすら「質問文の文頭」に注目してありえない解答を削りながら消去法で正答率を上げていきましょう。

中級者(TOEICスコア550~750前後)の攻略法

英語学習中級者の方は8割の正答率を目指しましょう。難しいと感じる単語が出てきても質問の文頭さえ聞き取れていれば消去法で正答率を上げることができます。前半は全問正解のつもりで、後半は文頭だけでも聞き取れるように頑張りましょう。

上級者(TOEICスコア850~950前後)の攻略法

上級者の方はPart1・Part2に関しては全問正解を目指してください。上級者の方であれば問題はないかと思います。間違えてもPart1と2合計で3問以内に留められるようにしましょう。

900点以上目指しているのであればこのパートもケアレスミスには注意を払いましょう。上級者レベルの単語も少ないので、満点の可能性も高いと言えます。

おすすめの参考書

解きまくれ!リスニングドリル TOEIC TEST Part 1&2 解きまくれ!リスニングドリル TOEIC TEST Part 1&2

テスト8回分の問題数(Part1 80問、Part2 240問)を収録している量たっぷりのドリルです。こちらはPart1と2バージョンとなっています。比較的やさしい問題から難しい問題まで、幅広く出題されているため、英語学習初級者の方から上級者の方まで満足のいく内容になっていると思います。

日本の観光情報ならドコジャパン

リスニング対策(前半45分)

リーディング対策(後半75分)

実用英語技能検定(英検)の勉強法