Part4

リスニングセクションの最後のパートです。難易度はPart3と同じと言っていいでしょう。ナレーションを聞いて、その内容についての質問に対し適切な選択肢を選ぶという形式です。質問と選択肢は問題用紙に記載されています。なお、1つのナレーションにつき複数問出題されます。全て4択式で合計で30問あります。

基本対策

Part2対策のページでもご紹介していますが、Part2の例文アナウンスの間にこのパートの質問文・選択肢に目を通しておきましょう。また、このパートの例文アナウンスが流れている間に、Part2で目を通しきれなかった残りの問題をチェックしておいてください。

基本的な流れはPart3と同様に以下の繰り返しです。とにかく問題を先読みしておくことがポイントとなります。難しくても頑張ってやってみてください。

  1. 問題に目を通す
  2. ナレーションを聞く
  3. 問題のアナウンスが終わる前にマークする
  4. 次の問題に目を通す

初級者(TOEICスコア300~450前後)の攻略法

攻略法はPart3と同じです。自分の分かる問題だけしっかりと解答するようにし、わからない問題は適当にマークしてしまって構いません。確実に分かりそうな問題を取りこぼさないようにすることがスコアアップへの近道です。TOEICのペースではなく、自分のペースをつかみましょう。

中級者(TOEICスコア550~750前後)の攻略法

中級者の方も攻略法はPart3と同じです。ナレーションの途中で「so」や「but」などの接続詞が出てきたら、そのあとを注意して聞いてみてください。内容のまとめだったり、内容が変わったりすることが多いのでポイントと言えます。

ちなみに、このパートまで来ると集中力の維持がなかなか大変になってきますが、ふと問題と関係のないことを考えてしまって、ナレーションの一部を聞き逃してしまったりしないようにしましょう。

上級者(TOEICスコア850~950前後)の攻略法

上級者の方も中級者の方同様、集中力がポイントとなります。上級者レベルであれば普通にやれば解ける問題ばかりのはずですから、集中力をできるだけ維持するように頑張りましょう。眠気にも注意が必要です。

おすすめの参考書

TOEICテスト リスニングBOX TOEICテスト リスニングBOX

左の画像を見て頂くと「5」という数字が目立っているのがよく分かると思いますが、こちらの参考書にはリスニングセクション5回分の模試が掲載されています。もちろん各回ごとにわかりやすい解説が設けられていて、リスニングセクション全体の点数を上げたいという方に特におすすめとなっています。

日本の観光情報ならドコジャパン

リスニング対策(前半45分)

リーディング対策(後半75分)

実用英語技能検定(英検)の勉強法